写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市交通局は大みそかから元日早朝にかけて、市営地下鉄とニュートラムで終夜運転を実施する。また、12月30日から1月3日まで、市営地下鉄とニュートラムを土休日ダイヤで、市営バスを休日ダイヤで運行する。

終夜運転はニュートラム(南港ポートタウン線)でおおむね15分間隔、地下鉄は各路線とも全線30分間隔で運転する。御堂筋線は北大阪急行線(千里中央〜江坂間)と相互直通運転を行うほか、0時30分頃から2時30分頃まで中津駅〜天王寺駅間を15分間隔で運行。中央線は近鉄けいはんな線(長田〜学研奈良登美ヶ丘間)と、堺筋線は阪急千里線(北千里〜天神橋筋六丁目間)と、それぞれ相互直通運転を実施する。

長堀鶴見緑地線は1時10分頃から3時10分頃まで、大正発心斎橋行を7分30秒間隔で、その他の区間を15分間隔で運転する。各路線とも、12月31日の通常運転終了後から1月1日の初発までの運転とされ、中央線と南港ポートタウン線については、沿線でのイベントなどにともない、増発運転を行う場合があるとのこと。なお、終夜運転中に限り、12月31日付の乗車券を1月1日も有効とする。

(佐々木康弘)