JOBRASS新卒2015

写真拡大

求人・人材情報を扱うアイデム(東京都新宿区)は、学生の就職活動解禁に合わせて2013年12月1日、新卒向け相互マッチング型就職活動サイト「JOBRASS新卒2015」をオープンさせた。

履歴書、エントリーシートより効果的

学生は採用情報を検索して「応募でアピール」ができ、企業側は学生情報を検索して「選考オファー」ができる。前年に開設した「JOBRASS新卒2014」では、登録企業数2260社、登録学生数7万1253人にのぼり、4194人の学生がプロフィールを公開。選考オファーに対し学生が応募した応諾率は20.7%だった。

学生がアピールする「就活プロフィール」では、基本データに加え、論文やブログ型式でアップする就活レポートなどがあり、一般的な履歴書やエントリシート比べ広く深く自己紹介できる。

今回からの新機能として、学生がマイページ上に保存した検索条件にあった企業を「推薦」表示したり、検索項目を追加することで学生と企業のマッチ率がより高くなるよう設定した。