写真提供:マイナビニュース

写真拡大

阪急バスと阪急観光バスは、阪急電鉄の新駅・西山天王山駅が12月21日に開業するのに合わせ、同駅直結の京都縦貫自動車道「高速長岡京」バスストップへの高速バス4路線の乗入れを開始する。

対象となるのは、「神戸・大阪〜横浜・東京・TDR・千葉線」「大阪〜伊那・箕輪線」「大阪〜諏訪・茅野線」「大阪〜新宿・渋谷・池袋線」の4路線。従来、京都エリアにおける当該路線は、名神高速道路上の「名神大山崎」「名神深草」の2カ所のバスストップがあったが、新たに「高速長岡京」に乗り入れることで、鉄道と高速バスの乗換え利便性向上を図る。

「高速長岡京」からの運賃は、横浜駅から7,500〜8,300円、東京駅から7,800〜8,500円、TDRから8,100〜8,800円、伊那市から4,590円、箕輪から4,790円、上諏訪駅から5,000円、茅野駅から5,100円、新宿駅・渋谷駅・池袋駅から7,600〜8,800円など。乗車券は乗車日前月の同日から発売する。

なお、「大阪〜諏訪・茅野線」を除く3路線については、「高速長岡京」バスストップへの乗入れ開始にともない、「名神大山崎」への乗入れが廃止となる(「大阪〜諏訪・茅野線」は従来から乗入れなし)とのこと。

(佐々木康弘)