写真提供:マイナビニュース

写真拡大

全棟構造計算書付きのSE構法を、独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給しているエヌ・シー・エヌは、2013年10月の「構造計算出荷実績」が過去最高の191棟を記録したことを発表した。

SE構法では、コンピュータ制御された高精度プレカットにより作られた集成材を軸組部分に採用。接合部に同社独自開発によるSE金物を使用することで高い構造強度を実現し、大空間や大開口を可能にしている。

同社では先月、2013年上半期の構造計算出荷実績が、過去最高を記録したことを発表。また、下半期の最初の月である10月の構造計算実績が、単月での過去最高となる191棟(前年同月比112%)を記録した。この背景には、消費税の駆込需要と、2013年9月にSE構法登録施工店の請負契約が最大4倍を記録したことがあり、次月である10月に、確認申請提出のための構造計算の依頼が集中したことが考えられるという。

同社では、消費増税の駆込需要後の10月以降は、大幅な落ち込みがあると予想。しかし当面はこうした「消費税駆込み需要効果」が続くとし、今後は、1月に迎えるSE構法の構造躯体の供給、プレカット出荷のピークに向け、プレカットの生産ラインを増設し備えているとのこと。

なお、これまでの単月での構造計算出荷は、東日本大震災後の2011年7月の172棟だった。