写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ユニセフ協会は12月1日、東日本大震災支援活動の一環として、宮城県気仙沼に高さ8mのビッグツリーを設置する「祈りのツリー プロジェクト」を実施した。

同プロジェクトは、“被災した子どもたちに、笑顔と心あたたまるクリスマスを届けたい”という思いから、2011年にさまざまな分野のクリエーターや美大生が、企業や大学の垣根を越えて始めたもの。中でも、地元の人々の“あの日を忘れない”という思いと再建への決意を示す、高さ8mの「きずなの塔」を彩った復興屋台村「気仙沼横丁」のツリーは、シンボル的な存在になったという。

今年は、12月1日の午前中、約20名の美大生やボランティアが地元の子どもたちと共にオーナメントを制作。完成したオーナメントは、事前にクリエーターや美大生が制作したものと合わせ、8mのツリーを飾った。

子どもたちのオーナメントづくりワークショップ、点灯式など、当日の様子はUSTREAMで中継され、中継された配信の動画や詳細は、同協会公式ページ()から見ることができる。