投資を検討しはじめたときに考えるべき3点「国や地域」「投資の種類」「リスク分散」

写真拡大

近年、働く女性の中にも、投資にチャレンジする方が増えています。「投資は女性のたしなみのひとつ」なんて言われる日も近いのかも!? ただし、正しい知識を持たず、いきなり本番にチャレンジするのは非常にリスキー! 今回は、投資をはじめる前の注意点をまとめます。投資に興味がある方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■投資を考える!

投資を始めたい!と思った時に、つい釣られてしまうのが「今が投資のチャンスです」という言葉。高確率で値段が上がることが見込まれる株を前にすると……つい飛びつきたくなってしまう女性も多いのではないでしょうか。しかし、より重視すべきなのは「いつ投資するのか」というタイミングよりも、「何に投資するべきなのか」という内容についてなのです。

儲かる可能性が高い投資というのは、時代によって大きく変化します。まず、今の時代、儲けが見込めそうな投資とは、何なのかを見極めましょう。「今が絶好のタイミング!」という言葉に踊らされず、投資に対する自分の知識を高めることで、失敗のリスクを低くすることができるのです。

■国や地域

投資を検討するときには、グローバルな視点を持つ必要があります。今現在投資すべき対象が、国内にあるとは限らないからです。海外に目を向けることで、より儲けが見込める投資ができるケースも少なくないのです。

そのためには、国際情勢にも興味を持って流れを知る必要があります。今後成長が見込まれる国や地域を知り、そこに投資をしましょう。

■投資方法は?

次に考えるべき点は、どのような種類の投資方法を選択するのか、ということです。投資にはさまざまな種類があります。株式投資のほか、債券投資、不動産投資など、その種類は実にさまざまです。それぞれ特徴があり、メリット・デメリットも異なります。これらの種類の中から、自分の投資スタイルに合ったものを選択しましょう。

少額から始めたい場合には、投資信託がおすすめ。ある程度知識を持っている場合には、株式投資もいいでしょう。比較的安全性が高いと言われているのが、債券投資です。それぞれの投資方法、メリット・デメリットについて学ぶ必要があります。

■リスクは分散しよう!

最後に「コレ!」と決めた投資先に、すべての財産を賭けてしまうのは、危険な方法です。いくら安全性をうたっている商品だとしても、投資である以上、100%の保障はないのです。これを踏まえて、万が一のときのため、あらかじめリスクを分散させておく必要があるのです。こうすることで、投資の安定性が増し、余裕を持って長期的投資に取り組めるようになります。

投資で身を滅ぼさないためには、投資のリスクコントロールについてもきちんと考える必要があります。

まずは自分の知識を高め、それから挑戦するのがよさそうですね。今は、わかりやすい投資ガイドも多数出ています。興味を持ったら、まずは手に取ってみるのがおすすめですよ。

(ファナティック)