国連弁務官が秘密保護法案に懸念

ざっくり言うと

  • 国連の人権高等弁務官は2日、日本の秘密保護法案について懸念を表明
  • 「政府が不都合な情報を、秘密扱いする可能性がある」と警鐘を鳴らした
  • さらに「国内外の懸念に耳を傾けるよう促す」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング