韓国紙・朝鮮日報(電子版)は26日、修学旅行生らに対して複数回にわたり強制わいせつを働いていたガイドの男が在宅起訴されたと報じた。中国網が伝えた。
ソウル中央地検の女性児童犯罪調査部によると、修学旅行生らに強制わいせつや暴力を働いていたのは、30歳のフリーランスのガイド。調べによると、ガイドの男は5月初め、ソウルの某中学校の修学旅行に付き添った際、「教師の指示に従わなかった」「大声で騒いだ」などを理由に学生の首を絞めたり、フォークで刺したりするなどの暴力を働いた疑い。
男はこのほか、下着姿やパジャマ姿の男女学生を宿泊先のベランダに集め、飛び降りるよう強要したりもしていた。また、男子学生らを力で抑えつけた後、下着の中に手を入れるなどの強制わいせつも働いていた。
警察が学生や教師らに実施した調査で、学生らが当時の様子を撮影したビデオなどが証拠として提出された。だが、男に暴力や性犯罪の前科がなかったことや、暴力などは学生らをおとなしくさせるための手段であり、自身の性欲を満たすためではなかったと判断されたことから、在宅起訴処分となった。
(編集翻訳 小豆沢紀子)