クリスチャン ルブタン 国内最大の青山旗艦店を公開

写真拡大

 フランス・パリの高級シューズブランド「Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン)」が、12月4日にオープンする青山旗艦店を公開した。2010年にオープンした銀座店に続く国内2店舗目は、旗艦店らしく国内最大の面積を確保。オープンに先駆けて、デザイナーChristian Louboutinが1年ぶりにパリから来日した。

ルブタン青山に最大店舗オープンの画像を拡大

 「Christian Louboutin」の青山旗艦店は、世界では81店舗目、国内では7店舗目のブティックとなる。内装はニューヨークをベースに活動している建築デザイン会社212boxの主任建築家Eric CloughがデザイナーChristian Louboutinとともにデザイン。青山らしい都会らしさやモダンな要素を取り入れたという店内には、「Christian Louboutin」らしいアーチを描いたディスプレイ棚やレッドソールと同様の赤いカーペットに加え、モロッコからニューイングランドまで様々なエレメントが詰め込まれている。店舗は1フロア構成で、ウィメンズやメンズ、バッグ、革小物の全コンセプトを集約。ウィメンズと同等の面積で用意されたメンズのエリアは、「男性は時間をかけて買い物をするもの」というChristian Louboutinの考えを反映し、ゆったりとしたサロンのような空間に仕上がっている。

 「青山はヴィレッジのようなイメージ。日本らしさとヨーロッパのテイストがミックスされている」と青山の印象を語るChristian Louboutinは、完成したショップについて「とても満足しています。内装では様々な線が折り重なっているのがわかると思うのですが、私にとってはそれがとても日本らしい。また、メンズゾーンに自然な光が差し込むのも気に入っています。照明の使い方にも日本の文化を感じていただけるでしょう」と話す。オープンには、Kate MossにインスパイアされたウィメンズのSO KATE(72,450円)や、メンズのドレスシューズMAMOUNIA FLAT(162,750円)が青山店限定のアイテムとして発売される。

■クリスチャン ルブタン青山
住所:〒107-0062 東京都港区南青山3-17-6
営業時間:11:00-20:00 不定休