写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本グループは2014年1月下旬、東小金井駅付近高架下に、食料品店やフードコートを設置した「nonowa東小金井」をオープンする。

同施設は、同社が中央線の沿線価値向上を目指し、三鷹〜立川間で取り組んでいる「中央ラインモールプロジェクト」の一環。学生が多い街の特徴を活かし、「武蔵野 QUARTIERLATIN(カルチェラタン)」をテーマとした環境デザインを取り入れているほか、コンシェルジュやデジタルサイネージによる地域の情報発信を行う。

施設延床面積は約4,600平方メートル、店舗面積は約2,400平方メートルに21店舗が出店する。店舗は、生活利便性が向上するようなミニスーパー、ベーカリー、デリ・スイーツ店などの食料品店やフードコート、雑貨店などを用意。営業時間は10時から21時を基本としている。

また、同施設の開業と同時に、東小金井駅西側高架下にSuica専用の改札「nonowa口」を新たに設置。エリア・周辺地域への回遊性を高めていくとのこと。