●親友の涙

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©VisualArt's/Key/Team Little Busters! Refrain

<キャスト>
直枝理樹:堀江由衣
棗 鈴:たみやすともえ
棗 恭介:緑川 光
井ノ原真人:神奈延年
宮沢謙吾:織田優成
神北小毬:やなせなつみ
三枝葉留佳、二木佳奈多:すずきけいこ
能美クドリャフカ、チェルヌシカ(クドの母):若林直美
来ヶ谷唯湖:田中涼子
西園美魚:河原木志穂
笹瀬川佐々美:徳井青空
古式みゆき:本多陽子
杉並睦実:花澤香菜

●ストーリー
幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。
あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。
こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。

そんなある日、恭介の思いつきで野球チームを作ることになり、理樹はそのメンバーを探すミッションを始める。

そこで出会った新しいメンバーたち。
みんなで肝試ししたり、女子寮に忍び込んで女装させられたり、人形劇をしたり……。
楽しいこともたくさんあったし、それぞれの抱える悩みをみんなに手伝ってもらいながら解決したこともあった。
そして最後は野球の試合。最高の仲間たちとの絆を確認することができた。

――だが、これで終わりではない。
来ヶ谷唯湖との物語。
理樹と鈴の物語。
そして、理樹と鈴が知ることになる「世界の秘密」。
 
リトルバスターズの本当の物語が、これから始まる――。
●宮沢謙吾との邂逅
井ノ原真人「次は謙吾を仲間にするんだってな。」

井ノ原真人を邂逅させた直枝理樹。彼は棗 鈴を含めて3人でキャッチボールをしながら話をしていますが…。

井ノ原真人「恭介は謙吾の家へ道場破りをしにいったな。そこで奴の親父と勝負して勝ったら仲間になったな!」

※何故、本人では無く彼の親父なのか?
●嘘
棗 恭介「謙吾は一つだけ嘘をついている!」

直枝理樹はこの言葉の意味を考えます。

直枝理樹「もしかしたら謙吾の左手の怪我は治っているんじゃ!」

宮沢謙吾が故意に左手を使わないようにしているのは、直枝理樹に対する口実のため。怪我によりリトルバスターズへの参加が出来ないと言いたいがため。

直枝理樹「どうして?僕は昔みたいにみんなと仲良く遊びたいんだ!」
宮沢謙吾「それじゃ、お別れだ。」

宮沢謙吾の心の壁は厚そうです。
●再び野球勝負!
直枝理樹「謙吾にどうやったら勝てるだろう?剣道は竹刀も握った事がないし…。」
棗 鈴「野球だな。野球で対決だ!」


しかし、宮沢謙吾は直枝理樹が忘れているあの日の事を知っています。

宮沢謙吾「恭介、お前は禁じ手、理樹の知らないこの世界の仕組みを使って封じ込めようとした。しかし、それが失敗した…。」

翌日、直枝理樹と宮沢謙吾のホームラン勝負!

宮沢謙吾の剛速球に対して直枝理樹は数球、ファールで粘ります。そして、何とホームラン!

宮沢謙吾「やはり、全てをリセットすることは出来ないのか…。」

宮沢謙吾の打席に対して、棗 鈴に投手交代。しかし、彼女のあまりのノーコン振りに暫く勝負になりません。

それから数球、漸くストライクが入るようになる棗 鈴。

直枝理樹「ツーストライク!あと一球だよ!」
棗 鈴「あと一球か!」


そこでライジングニャットボールが決まり、三振!

宮沢謙吾は負け、男泣きし、そして彼はリトルバスターズへと入ります。

かつての棗 恭介がした事、それを直枝理樹が再現したのです。

「リトルバスターズ!〜Refrain〜」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「リトルバスターズ!〜Refrain〜」第8話「井ノ原真人、自分を変える存在!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!〜Refrain〜」第7話「野球をやろう!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!〜Refrain〜」第6話「逃亡の果てに」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!〜Refrain〜」第5話「棗 鈴、旅立ちのとき」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!〜Refrain〜」第4話「棗 鈴、少女から女性へ」
▼外部リンク

「リトルバスターズ!〜Refrain〜」TVアニメ公式Webサイト
「リトルバスターズ!〜Refrain〜」AT-X公式Webサイト