史上初の快挙を達成!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<国内男子賞金ランキング>
 国内男子ツアー「カシオワールドオープン」終了時点での賞金ランキングが発表され、同大会で今季4勝目を挙げた松山英樹が2億円を突破。最終戦を残して史上初のルーキーイヤーでの賞金王を確定させた。
松山英樹、“第二の故郷”で賞金王に!「特別な思いがある」
 2位は金亨成(韓国)、3位は片山晋呉、松山と最後まで優勝を争った池田勇太は7位に浮上している。
【国内男子賞金ランキング】
1位:松山英樹(201,076,781円)
2位:キム・ヒョンソン(123,811,812円)
3位:片山晋呉(110,090,217円)
4位:小田孔明(108,050,313円)
5位:S・J・パク(91,740,853円)
6位:谷原秀人(81,134,436円)
7位:池田勇太(76,706,532円)
8位:藤本佳則(65,141,922円)
9位:川村昌弘(64,099,195円)
10位:呉阿順(63,347,975円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>