写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オウチーノ総研は現在一人暮らしをしている20歳〜39歳の社会人を対象に、「家事に関するアンケート調査」を実施した。調査は11月22日・23日にかけて行われ、448名から有効回答を得た。

○半数が仕事と家事を両立

まず、現在一人暮らしをしている社会人に仕事と家事を両立できているか尋ねたところ、22.1%が「問題なく両立できている」、43.8%が「まぁまぁ両立できている」と回答。一方25.9%は「あまり両立できていない」、8.2%が「全く両立できていない」と回答している。

両立できていないと回答した人にその理由を聞くと、最も多かった回答が「仕事で疲れてしまって家事にとりかかれないから」で39.2%だった。2番目に多かったのが「仕事が忙しくて時間がないから」(26.1%)、3番目が「家にいるとついだらけてしまうから」(13.7%)だった。

○4人に1人は毎日「料理」

次に、ふだん家事をどれくらいの頻度で行っているのか聞いた。「洗濯」は96.5%が週に1回以上行うと回答している。「部屋の掃除」は44.6%が「週1〜2回」、「料理」は25.0%が「毎日」行っていると答えている。また、「トイレ掃除」「お風呂の掃除」「キッチンの掃除」は、週1〜2回行っている人が多かった。

ふだん家事をどの時間帯に行うことが多いか尋ねたところ、平日は帰宅後〜23時に行うと回答した人が多かった。特に料理は54.7%が平日帰宅後23時までに行うと回答している。休日は、洗濯や掃除は午前中行うと回答した人が半数を占めた。12時〜18時も、料理や掃除を行うと回答した人は4割を超えている。

(フォルサ)