写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オークローンマーケティングは30〜40代の主婦400人を対象に、2013年末の掃除事情・意識調査を11月に実施した。

○約8割が自身をズボラな性格だと感じている

まず、「あなたは自分自身をズボラ(きちんとしていない)な性格だと思いますか」という問いに対して、「ズボラだと思う」と答えた人が36.0%、「どちらかといえばズボラだと思う」と答えた人が42.8%と合わせて78.8%が自身をズボラであると感じていると回答した。

○掃除の頻度、4人に1人が1日1回

次に、「ふだん、掃除はどの程度の頻度で行いますか」と尋ねたところ、最も多い回答が「1日1回以上」(26.5%)だった。性格別に見ると、「ズボラだと思う」と回答したズボラ主婦は1週間に1回程度が最も多く(23.2%)が、3日に1回程度、1日に1回以上と答えた人がそれぞれ20.3%だった。

一方で、上記質問で「自分をズボラではない」と回答した几帳面主婦は、1日に1回以上と回答した人が最も多かった(49.4%)。ズボラ主婦と几帳面主婦では、1日に1回以上掃除する人の割合で29.1%の差が見られた。

○掃除にかける時間、半数が30分〜1時間以内

1回の掃除の時間に関する問いに対しては、ズボラ主婦も几帳面主婦も「30分〜1時間以内」の人が最も多く(それぞれ44.1%、57.1%)、あまり差が見られない結果となった。しかし、「あなたは掃除に対して積極的ですか」という問いでは、ズボラ主婦は「必要部分でも手を抜く傾向にある」が26.0%だった一方で、几帳面主婦は「必要部分でも手を抜く傾向にある」と答えた人はわずか2.4%。「必要部分のみやる」「徹底してやる」が多くを占めた。

○几帳面主婦も約7割が「除菌できていない」

次に、「大掃除をして年を越したいですか」という問いに対して、全体の68.8%が「大掃除をして年を越したい」と回答した。性格別に見ても、「ズボラ主婦」の65.4%が大掃除をしたいと答えており、ふだんの掃除に対しては後ろ向きな「ズボラ主婦」も、大掃除に対しては積極的な意識をもっていることが分かった。

「掃除の際に、除菌をすることに気をつけようと思いますか」という問いに対して、気をつけようと思うと回答したのは全体の56.3%。しかし、「過去の大掃除で除菌はしっかりできていたと思いますか」という問いでは、几帳面主婦も68.2%が除菌できていないと回答している。

○ズボラ主婦25%は掃除で不調に

最後に、掃除のせいで体調を崩したことがありますかという問いでは、ズボラ主婦は25.1%が崩したことがあると回答した。几帳面主婦は11.8%で、13.3%の差が出ている。同社は、掃除をこまめにしないと、チリやほこりなどで生活環境が悪化してしまうため、掃除回数が少ないズボラ主婦の方が、体調を崩す割合が高いのではと見ている。

(フォルサ)