投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の11月25日〜11月29日の動きを振り返りつつ、12月2日〜12月6日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は上昇。28日には先物主導ではあるが裁定買いを巻き込みながらの上昇となり、5月22日に付けた終値ベースでの高値(15627.26円)を更新。2007年12月12日以来、約6年ぶりの高値となった。

 先週は指数インパクトの大きいソフトバンク<9984>やファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、京セラ<6971>、KDDI<9433>などが日経平均をけん引する格好で大幅に続伸して始まった。その後はソフトバンクなどが利益確定に一服となるなか、為替市場ではドル・円が1ドル102円台、ユーロ・円が1ユーロ139円と円安基調が強まるなか、ハイテクや自動車など輸出関連への物色につながった。米国市場が感謝祭を控えていたことで売買代金は2兆円を下回る状況や、週末には利益確定が強まる局面もみられたが、先高感の強い相場展開だった。

 今週はいよいよ師走相場入りとなる。市場の関心は日経平均では5月23日のザラバ高値(15942.60円)と節目の16000円乗せとなる。また、米国の動向が注目されることになる。米国では米感謝祭翌日の29日は小売企業が黒字になる日という意味合いから「ブラックフライデー」と呼ばれ、最大規模のセールが行われる。12月4日には地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表される。5日に7-9月の米GDP(改定値)の発表、さらに6日には11月の米雇用統計が発表される。

 クリスマス商戦が強い内容になり、雇用統計が予想を上回る結果ともなれば、米株高・円安の流れが強まろう。また、雇用統計の結果等を受けて翌々週の17-18日に予定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)での量的緩和縮小への思惑が強まるとみられ、これが円安を加速させてくる可能性もありそうだ。これらを追い風に、年末高を意識したトレンド形成が期待されてきそうである。

 また、先週は先物に振らされる相場展開ながらも、週後半にむけては個人主体による中小型株物色が活発だった。売り込まれていた銘柄などの見直しも散見されており、証券税制変更前の利益確定売りなども一巡してきた感はある。売り込まれていた銘柄などには、年末に向けた水準訂正を意識した思惑なども高まりやすいだろう。また、今国会の会期は12月6日までであり、成長戦略などを手掛かりにした物色も再燃しよう。カジノ法案の今国会提出の行方などにも関心が集まりそうだ。