世界一高いソックスは12万円!世界10足限定「ビクーニャウール」を使用

写真拡大

ドイツの靴下専門メーカーFALKEが、世界で最も高い靴下を発表した。1足1,200ドル(約12万円)の靴下は、世界でもっとも希少価値も価格も高いウールである「ビクーニャウール」でつくられている。

「ビクーニャウール」とはラマの遠い親戚で、アルパカの祖先であるビクーニャからとれるウール。ビクーニャはアンデス地方の高い山岳地帯に生息し、家畜化ができないため、その毛を手に入れることは非常に難しい。

野生のビクーニャを捕らえ、その毛を取れるのも年2回と限られ、しかも1匹からたった1パウンド(約453.6g)のウールしかとれないためその希少価値は非常に高い。

そのレアぶりもさることながら、質も非常に良いことで知られている。ビクーニャウールは、繊維の直径が12マイクロメーターと動物から採取できる繊維としては最もきめ細かで最上のもの。そのあまりの細かさから染色も非常に難しい。

そのため、FALKEのビクーニャソックスは毛の自然の色であるゴールデンブラン1色のみの提供となっている。

世界で10足限定の超レアものとあって、それにふさわしく重厚な木箱に納められたこの靴下。特別なクリスマスプレゼントとしていかがですか?

参考:World’s Most Expensive Socks Cost $1,200, Are Made of Vicuna Wool
http://www.odditycentral.com/pics/they-say-you-cant-put-a-price-on-great-socks-how-about-1200.html