5pb.作品ではお馴染みのシンガー・かな太郎こといとうかなこさんが登場!

写真拡大

 11月21日に5pb.より発売された新作オリジナル乙女ゲーム『花咲くまにまに』。江戸の特遊郭「万珠屋」を舞台に繰り広げられる歴史恋愛アドベンチャーで、声優・鈴村健一さん演じる谷和助(たにわすけ)や櫻井孝宏さん演じる白玖(はく)など、個性豊かなイケメンたちが登場します! 中でも筆者が気になっているのは、浪川大輔さん演じる倉間楓(くらまかえで)。ひょうひょうとして掴みどころがないミステリアスな雰囲気、色っぽい......!  公式サイト(http://5pb.jp/games/hanamani/)のサンプルボイスにもキュンキュンです!!

 この『花咲くまにまに』のオープニング主題歌「悠久ノ空咲ク花」を担当しているのは、『STEINS;GATE』のテーマソング「スカイクラッドの観測者」をはじめ数々のアニメ・ゲーム作品の主題歌を歌い上げてきた、いとうかなこさん! 今回はそんな彼女に、楽曲の制作秘話から乙女ゲームについてまでをインタビュー!

 5pb.作品ではお馴染みのいとうさんですが、乙女ゲームの主題歌を担当するのは今回が初めてだそう。「『いとうかなこで大丈夫なのかな?』って思いつつ、初挑戦なのでとても嬉しいです!」(いとうさん)。

 確かに、乙女ゲームと言えば『うたの☆プリンスさまっ♪』をはじめ、ゲームに出演している男性声優が主題歌を歌っていることが多い印象。ですが今回の「悠久ノ空咲ク花」は、『花咲くまにまに』の上品な和の世界観にとってもマッチしています。「これから恋するぞっ!」って気持ちにさせてくれる、ゲームにぴったりの1曲に仕上がっているんです! まさしく作品に"花"を添えていますね!

 いとうさんご自身も、楽曲を初めて聴いた時は「おー! キタッ! シャレオツな乙女ゲーム主題歌キタッ!!」と思わずテンションが上がってしまったそう。「切ない旋律なのに疾走感があって、しかもキラキラしていて素敵な曲だなって......!」と楽曲の魅力について語っていました。作品の舞台が江戸なだけあって、曲のところどころにお琴の音が入っているのもポイント。雅な雰囲気を醸し出しています。

 歌詞には「熱く震える胸」「愛を貫ける」「その手で触れてよ」などなど、直球な愛の言葉が盛りだくさん。これまで5pb.の「科学アドベンチャーシリーズ」(『STEINS;GATE』など)のテーマソングをはじめ、シリアスな歌詞を歌うことが多かったいとうさんですが、本作については「ストレートな歌詞なので、女性らしい響きを意識してドキドキしながら歌いました!」と、彼女にとって新鮮な率直な愛の歌を楽しんでいたようです。

 また、カップリング曲の「morning glory」は『花咲くまにまに』のイメージソング。いとうさんが、"ヒロインとお相手キャラとのラブソング"として、女性目線で作詞作曲したんです。もともとはイメージソングを作る予定はなかったそうですが、いとうさんが「ぜひ作りましょう!!!」とお願いして実現したとか。

 いとうさんの思い浮かべる『花咲くまにまに』のハッピーエンディングが味わえる「morning glory」は、とっても爽やかで切なくて、かつ「花咲かせる」という歌詞が作品タイトルや内容とリンクしている入魂の1曲。しかもゲームを全てプレイしたあとに聴くと"ぐっとくる仕掛け"になっているそう......!!! これは早くゲームをクリアしたいっ!

 こんな素敵な曲、さぞ乙女な気分に浸りながら作ったのかな、と思いきや......「作詞はだいたいこたつでやります。夏はこたつの布団を外して、ただのちゃぶ台にして(笑)。でも、最近外で書いてみようかなって思って、ファミレスに行ったりもしますね。あのざわざわした感じがいいです。しかも24時間いてもいいので(笑)。イケてるカフェとかは、静かすぎてだめですね!」......ってあれ? あんまり乙女チックな感じでもなかった......(笑)。でも、その気持ちわかります。筆者も乙女チックな原稿を書く時でも、ラフな部屋着だったりしますからね! まあ乙女チックな原稿はあまり書かないんですけれども(笑)。 とにかく、プロっていうものはどんな状況でも良い作品を生み出せるということで......!

 ちなみにいとうさん、乙女ゲームは普段あまりプレイしないそうですが、この『花咲くまにまに』や、過去にエンディングテーマを担当した『Starry☆Sky 〜in Spring〜 Portable』などはガッツリやりこんでいる様子。「乙女ゲームは言われたことのないような甘いセリフをず〜っと言われ続けるのが新鮮ですね! イケメンが全員私のこと好きっていうのがすごく面白くて、全部の絵が見たくて、がんばっちゃいます!」といとうさん。ただ、やりだすとハマってしまうタイプなので、なるべくやらないようにしているとのこと。

 現在は、『花咲くまにまに』を絶賛プレイ中だと言ういとうさん、「声優さんたちの演技がエロいです! うふふ!」とちょっと恥ずかしそうに語ってくれました。ほんとに、櫻井孝宏さんや宮野真守さんなど、セクシーな演技に定評がある(?)声優さん揃いですもんね......豪華です!

 今後また乙女ゲームの楽曲を担当するとしたら、「科学アドベンチャー」シリーズのような「本当にありそうな怖い話」のゲームがいいとおっしゃっていました。「異常気象で氷河期が来ちゃう話とかどうですか?」と、いとうさん。そんな危機的状況の中イケメンたちと恋愛できるゲーム、いいですね......! ぜひいとうさんの曲を聴きながらプレイしたい!

 そんなわけで、いとうさんに「悠久ノ空咲ク花」や『花咲くまにまに』についてたっぷりと語っていただきました。ぜひ、『花咲くまにまに』をプレイしながら「悠久ノ空咲ク花」と「morning glory」を聴いてみてくださいね! ジャケットは、アニメ『ギルティクラウン』のキャラクター原案でも知られるredjuiceさんが描き下ろしたゲームの主人公・望月七緒のイラストが目印ですよ♪

 さらに、2014年2月26日にはアルバム「RASTER」の発売も決定! 来年春には東京・大阪でワンマンライブも開催されます。2014年もいとうかなこさんの活躍に注目です!
(写真・文/福島槙子)

■『悠久ノ空咲ク花』
発売日:11月27日
価格:1260円(税込)
発売:5pb.
販売:KADOKAWA メディアファクトリー

■『花咲くまにまに』
プラットフォーム:PSP PS3
価格:【PSP】限定版8190円 通常版6090円 DL版未定
【PS3】限定版9240円/通常版7140円(すべて税込)
レーベル:5pb.
公式HP http://5pb.jp/games/hanamani/

■いとうかなこ オフィシャルサイト
http://kanataro.com/