写真提供:マイナビニュース

写真拡大

北海道には、みそラーメンやカニ、いくら、ソフトクリームなどなど、みんなが大好きなグルメがこれでもかというくらい詰まっている。定番のグルメは旬を見極め、地元の人が愛してやまないグルメは発掘し、広大な大地を携えた北海道の幸を探求してみたい!

北海道・サッポロラーメンの原点に出合える店はココ!
ラーメンは札幌グルメの代表格であり、店も味も実にたくさんある。しかし、味の好みは各人によって異なるため、「この店こそNo.1」という紹介は不可能に近い。そこで今回は、「昔ながらの味」「600円台」「地元で愛されている」をキーワード名店を紹介したい。

札幌にある豊平峡温泉の魅力は、カレーなしでは語れない!?
地中からくみ上げた源泉を直接浴槽にためて入る「完全天然」の温泉が、札幌市内にある。その名は「豊平峡温泉」。優れた泉質と深い山々を望むロケーションを楽しめる露天風呂に加え、ここで食べられるカレーが、「異常においしい!」と口コミで広がっている。

根室の隠れた極上メシ、生サンマが豪快に乗る丼とのおいしい出合い
日本国民に広く親しまれる大衆魚のプリンス・サンマ。焼き魚にしたり、酢でしめたりして食べるのが一般的だが、新鮮な刺し身をドカっと載せて豪快に食べる丼があるのをご存じだろうか?

え? 北海道の赤飯って甘いの? 誕生秘話を調査!
日本グルメの傑作のひとつ、赤飯。モッチリ感たっぷりのもち米、歯ごたえある小豆、そしてごま塩の3者が奏でる繊細な味わいが特徴だ。そんな赤飯関して、「北海道の赤飯には更に『甘み』が加わっている」というウワサが全国民を驚かせている。

十勝発、バナナなし「バナナ饅頭」は焼きたてを食うべし!
全国的に名高い製菓メーカーが多い北海道十勝地方に、100年以上にわたり人々愛され続けておる「バナナ饅頭」という銘菓がある。シンプルな材料を使用した素朴な味は、昔から変わらずお土産として人気が高く、全国では模倣品も結構出回っているらしい。