リーバイス、ビング・クロスビーが着たジャケットのリプロダクトを発表

写真拡大

 「Levi's(R) Vintage Clothing(リーバイスR ビンテージ クロージング)」が、Bing Crosby(ビング・クロスビー)が着用していたデニムタキシードジャケットをリプロダクトした限定アイテムを2月下旬に発売する。限定200着で展開されるジャケットと、セットアップで着られるデニムパンツが販売される。

ビング・クロスビーのリプロダクトを発売の画像を拡大

 当時リーバイ・ストラウスとスポンサー契約を結んでいたBing Crosbyが、デニムを着用していたことを理由にホテルのチェックインを断られたという話を聞いた同社は、デニムでもホテルに入れるよう「501(R)」ジーンズで仕立てたデニムタキシードジャケットを制作。1951年に贈呈式を行い、同氏にプレゼントした。同ジャッケットは、今年9月代官山T-SITE GARDEN GALLERYで開催された「THE 140 YEARS OF LEVI'S(R)(リーバイスRの140年)展」で「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」とコラボレーションしたアーカイブなどと一緒に展示された。

 デニムタキシードジャケットをリプロダクトした商品は、2014年春夏コレクションの限定アイテムとして発売。Bing Crosbyの名前と「NOTICE TO HOTEL MEN EVREWHERE」というメッセージが書かれたラベルが特徴のダブルブレストで、セットアップで着られるよう1947年の「501(R)」 カスタマイズデニムパンツも販売される。上代価格でジャケットが188,000円、パンツが37,500円となっている。