<カシオワールドオープン 3日目◇30日◇Kochi黒潮CC(7,316ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「カシオワールドオープン」の3日目。首位で決勝ラウンドに入った賞金ランキングトップの松山英樹が大会3日目に登場。前半は3バーディ・1ボギーでラウンド。通算8アンダーにスコアを伸ばした。
 2日目に首位に立った松山はこの日最終組でスタート。その松山は1番からバーディと幸先良いで出し。続く2番でも連続バーディを奪い8アンダーとした。その後1つボギーを叩くも前半最終9番でバーディを奪い結局通算8アンダーで前半を終えた。前半2ストローク伸ばした松山は首位をキープした。
 同じく首位スタートの小田孔明は同じく2ストローク伸ばし通算8アンダー首位タイにつける。
 首位の2人と2打差の通算6アンダー単独3位には池田勇太。続く通算5アンダー単独4位には山下和宏、通算4アンダー単独5位には金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)がつけた。さらに武藤俊憲、ハン・ジュンゴン(韓国)ら4人が通算3アンダーで6位タイとしている。
 また、今大会パットに苦しんでいる大会ホストの石川遼は、この日トリプルボギーを叩くなどスコアを崩し通算4オーバーで48位タイに後退した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
松山、首位タイで決勝Rへ!地元での戴冠に大きく前進
歴代覇者の小田孔明が首位タイに「コースが好き」
石川、松山のダブル一打速報配信中!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング