■サッカー・国際親善試合
日本2−1カナダ

4日後のW杯アジア最終予選・ヨルダン戦に向けて、カナダ代表と強化試合が行われた。

前半9分に、岡崎慎司が先制ゴール。そして、後半29分。1−1のスコアから、途中出場のハーフナー・マイクが勝ち越しゴールを蹴りこみ、逃げ切った。

(Photo by Tsutomu Kishimoto/PICSPORT)

[2013年3月22日、カタール・ドーハ]PICSPORT

出番なしの乾、代表生き残り策は

ざっくり言うと

  • 持ち味のサイドからの攻撃を研究され、独フランクフルトの乾貴士が苦しんでいる
  • クラブではレギュラーを剥奪され、代表でも立場が危うい
  • 代表では、柿谷らと同じC大阪出身者ということをアピールすべき、と筆者は主張

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング