「男をアゲる」新メニュー

写真拡大

レインズインターナショナルが展開する焼き肉チェーン「牛角」は2013年11月27日、「男牛角(おとこぎゅうかく)」と題し、男性をメーンターゲットとした冬限定メニューを始めた。

コンセプトは「分厚さ」「ボリューム感」「スタミナ」

焼き肉から伝わるイメージをさらに男性向けにすべく、「分厚さ」「ボリューム感」「スタミナ」といったコンセプトで、計6メニューを開発した。

「ガブリつきシャトーブリアン」(1344円)は、牛の部位で最もやわらかいといわれるシャトーブリアンをぜいたくな厚切りに。味付けは基本、岩塩とブラックペッパーのみ。「厚切り牛ヒレ」(830円)は、赤身の中でもやわらかく最高級部位とされるヒレ肉を、その名の通りゴロッと大きめに厚切りカット。好みで、ねぎポン酢またはわさび醤油を選べる。

また、「旨辛!熟成サガリステーキ」(725円)、「超スタミナWガーリックカルビ」(620円)のほか、麺メニューとして大勝軒コラボ「牛骨つけ麺」(725円)、デザートメニューとして「アイスアフォガード〜薫るビターなエスプレッソ〜」(305円)をラインアップした。

14年2月末まで販売予定。