魔界帝王デスカイザーと手下のブレーメン

写真拡大 (全3枚)

「ゆるキャラグランプリ2013」が終わり、栃木県佐野市のご当地キャラ「さのまる」がグランプリに輝いた。エントリーしたキャラは1500超だが、順位がそのままキャラの魅力ではない。たとえば1356位に終わった「魔界帝王デスカイザー」は「ゆるくない」とネット上で評判だ。

『ゆるキャラ論』(ボイジャー刊、共著)著者でキャラクター研究家の犬山秋彦さんも、デスカイザーとその手下、1528位の「ブレーメン」は気になる存在だったという。

 魔界帝王デスカイザーと手下のブレーメンは、ハロウィンの日、愛知県知多半島にある武豊町民会館ゆめたろうに現れるキャラクター。専門業者に制作を依頼した着ぐるみのゆるキャラが多い中、段ボールなどを利用して職員の黒野雅直さんが手作りした。

「ハロウィンの由来などをデスカイザーとブレーメンが寸劇で説明し、そのあと子どもたちにお菓子を配ります。小さい子だと泣かれちゃうこともありますが、小学生からは喜んで一緒に写真を撮らせてくれとお願いされますよ。3年連続で登場したのでグランプリにエントリーしてみました」(黒野さん)

 魔界帝王らしくデスカイザーは強面、ブレーメンはちょっと気弱で帝王に怒られてばかりだが、二人とも子ども好きで実はいいヤツなのだそうだ。来年のハロウィンにも現れるかどうかはわかっていない。

 デスカイザーとブレーメンのように手づくり感があふれるキャラクターは珍しくなったものの、ふなっしーが人気者になって以降、自治体や企業だけでなく個人でも気軽にゆるキャラを制作、名乗るケースが増えていると前出の犬山さんはいう。ただし、現在のゆるキャラ界で人気を得て、グランプリを獲得するにはまるで選挙のような”政治的”活動が必要なのだそうだ。

「今回、グランプリで上位に入ったキャラクターのほとんどは行政が関係しているゆるキャラです。行政キャラの特徴は、組織的に投票数を増やしやすいということ。たとえば『ちっちゃいおっさん』はテレビにもたびたび出演し人気がありますが、組織票を固めづらいため48位に終わっています」

 ただし、グランプリをとるキャラクターは組織票だけでなく広い人気も得ているのが特徴だという。

「グランプリの『さのまる』は昨年、かなり組織票を固めて挑んだにも関わらず4位に終わった反省点から、積極的に県外のイベントに出演し『くまもん』など他のゆるキャラと仲良くして人気を高めました。一方、最後までグランプリを争った2位の『出世大名家康くん』は他のキャラとの交流が少なかった。他地域での知名度が極端に低いため、組織票のイメージが強く出て反感を買ってしまいグランプリを逃しました」(犬山さん)

 犬山さんが、これから人気が高まりそうだと予想しているのは高知県須崎市のキャラクター「しんじょう君」だ。鍋焼きラーメンの帽子をかぶったニホンカワウソで、イベント出演だけでなくTwitter、Facebook、ブログのすべてを頻繁に更新して活発に活動している。

「『しんじょう君』はSNSでも頑張っていて、リプライも多いですしネット住民が好みそうなネタ的な投稿が多い。ゆるキャラが登場するイベントでは鍋焼きラーメンの帽子を他のキャラにかぶってもらうパフォーマンスをしています。他のキャラと仲が良い様子は今のゆるキャラ人気に必須です。諸条件をクリアしている『しんじょう君』は地元以外のファンも獲得して『さのまる』のように伸びていくと思います」(犬山さん)

 いまや推定で3000〜4000もあるというゆるキャラ。来年のグランプリでは組織、人気、コミュニケーション力など総合的に秀でているどんなキャラクターが1位を獲得するだろうか。