写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みなさんは「夫婦ゲンカ」の経験ってありますか? 結婚生活は育ってきた環境の違う人間どうしが一つ屋根の下に暮らしていくわけで、多少の衝突はあってもおかしくない状況。子どもが生まれればことさらケンカの種は増えそうですが、意外なことに「夫婦ゲンカ」をしたことのない夫婦はたくさんいるようです。さて、今回は「子どもの前での夫婦ゲンカ」についてアンケートを実施しました。

■子どもの前で夫婦ゲンカをした経験のある人は約4割

Q.夫婦ゲンカを子どもの前でしたことはありますか?

はい……:44.6%
いいえ……:55.4%

子どもの前で夫婦ゲンカを「したことがある人」は全体の約4割強。「したことがない人」より若干少ないという結果になりました。子どもの前で夫婦ゲンカをしたことがない人の中には、「夫婦ゲンカをするようなタネ自体が存在しない」(44歳/男性/自動車関連)、「そもそもケンカをしない。旦那が優しいので」(27歳/女性/食品・飲料)という素敵な意見も。逆に夫婦ゲンカの経験がある人で「一度喧嘩しているところを(子どもに)見て泣かれてしまったため、それ以降は2人とも子どもの目を意識するようになった」(44歳/男性/電機)という意見もありました。

同時に、「子どもの前でケンカしないために気をつけていること」を尋ねてみました。
・「ありません。けんかするほど仲のよい夫婦です」(34歳/女性/建設・土木)
・「なるべく子どもが寝た後に、食い違う可能性のある大事な話はするようにしている」(46歳/男性/運輸・倉庫)
・「自分が折れる」(46歳/女性/その他)
・「ひたすら我慢する」(38歳/男性/自動車関連)
・「冷静になる」(50歳以上/女性/ホテル・旅行・アミューズメント)
・「夫婦仲良くする」(29歳/男性/建設・土木)
・「いい争いになる前に、子どもの顔を見る」(41歳/男性/ソフトウェア)

子どもの前でケンカをしない秘訣は、普段から夫婦仲良く、不穏な空気を漂わせないことのようです。そもそも夫婦ゲンカをしなければ、子どもにその様子を見られることもないわけで。ただ子どもの前だろうと関係なく、ケンカしているという夫婦もいるにはいました。

今回のアンケートでは、子どもの前での夫婦ゲンカは、全体の約4割の人が経験済みということがわかりました。「子どもが気にするので、お互いの悪口は言わないようにしている」(35歳/女性/生保・損保)のように、子どもは大人が思っている以上に敏感に空気を察します。子どもに夫婦ゲンカを見せないのはもちろん、日々言いたいことを言って溜め込まず、ケンカをしない夫婦でいられるのが理想ですね。

【アンケート対象】
調査時期 : 2013年11月1日〜11月24日
調査対象 : マイナビニュース会員(子ども有り限定)
調査対象数 : 401人
調査方法 : 回答者限定ログイン式アンケート