東京都あきる野市は、同市民が選ぶ「第5回簡単料理レシピ〜青菜(のらぼう菜・ほうれんそう・こまつな・チンゲンサイ)の最終審査を11月10日に産業祭「めざせ健康あきる野21」コーナーで実施し、「あきる野大賞」を決定した。

「めざせ健康あきる野21」の取り組みの1つとなる同企画は、地産地消をめざした簡単料理のレシピ募集を平成20年度より開始。第5回を迎える今年度は、5月から7月にかけ市報や市ホームページで募集を行い、53通の応募があった。「食材賞」、「スピード賞」、「伝承賞」、「特別賞」は第1次審査、第2次審査で決定。産業祭にて、「あきる野大賞」を決定する最終審査を、市民100名による試食投票で行ったとのこと。

今回「あきる野大賞」に選ばれたのは、「伝承賞」を贈られた乙訓文子(おとくにふみこ)さんの「のらぼうサラダ」。このほか、「食材賞」は清水実佳さんの「ほうれん草の簡単ピザ」、「スピード賞」は渡辺 佳也さんの「チンゲンサイの梅じゃこチャーハン」、「特別賞」は増田宏子さんの「のらぼうとさけのレモン寿司」がそれぞれ受賞している。
なお、同市では、今後、大賞レシピを含む入賞レシピの料理講習会を開催していくとのこと。