写真提供:マイナビニュース

写真拡大

毎日職場に勤務する生活を送っているビジネスマンにとって、職場の同僚は、生活時間の中でもっとも長時間ふれあう人々でもあります。円満な人間関係は効率的な仕事の遂行にも役に立ち、情報交換などさまざまなメリットもあるはず。しかし、会社で行なう行事は自分たちで決めたものではないためか、好みが分かれるようです。

そこで今回、働く30代独身男性にアンケートを実施したところ、約半数近い職場に「職場で決められた行事がある」との回答が。そんな半数近くの職場で実施されている行事について、“中堅”と呼ばれてよい年代層に位置する30代独身男性はどのような思いを抱いているのでしょうか?

■“職場の行事”で一番多いのは、「忘年会」
Q.あなたの職場にはどんな行事がありますか?
・忘年会 …… 73.8%
・飲み会 …… 55.4%
・新年会 …… 38.5%
・歓送迎会 …… 38.5%
・慰安旅行 …… 26.1%
※上位5種のみ。

職場で行なわれる行事の上位5位のうち、5位の慰安旅行(26.1%)を除き、いわゆる“飲み”の席が占めました。普段、気の合う同僚たちと行く飲み会とは違う気遣いが求められる席ですが、回答者からは、「他部署のかわいい新入社員の女性と知り合えた」り、「納会で他部署の課長からうちに来ないかとスカウトされた」りと、コミュニケーションの場として活用できている人も多いようです。
「以前はケータリングを頼んで豪華だったが、最近は予算削減でスーパーのお総菜を並べてスケールが小さくなってしまった」という嘆きの声もあり、さまざまな面から会社の実情が見えてくる場でもあるようです。

■意外に効果が高い? 社内行事のメリットデメリット
Q.職場の行事に参加するメリットとデメリットはなんですか?
《メリット》
・先輩や後輩、同僚と仲良くなれる …… 29.2%
・違う部署の人と話す機会がある …… 27.7%
・社内の情報収集ができる …… 16.9%
※上位3種のみ。

《デメリット》
・プライベートの時間が減る …… 66.7%
・スケジュールを調整する手間が発生する …… 16.7%
・お金の浪費になる …… 16.7%
※上位3種のみ。

行事に参加するメリットは、やはり社内の人間関係をスムーズにしたり、新しい人と知り合えることを挙げる回答が上位を占めました。普段の業務ではできなかったつながりを作って情報収集に役立てることでできているようです。逆に、デメリットとして挙げられたのは、自分のプライベートな時間を削ったり調整しなければいけないことが上位になりました。普段必要の無かった交流のために強制的に時間を割かれることに抵抗感があるようです。その他、メリットには、「タダ酒だから」、「食事が無料だから」という回答も目立ち、デメリットの「お金の浪費になる」と好対照な結果に。行事の際の会費の有無が、実は大きなファクターなのかもしれません。

■あったらいいと思う行事は「海外旅行」
Q.あなたの職場にあったらいいなと思う行事は?
・海外旅行 …… 20.1%
・社内スポーツ大会 …… 13.7%
・社内合コン …… 10.1%
※「特になし」を除いた上位3種のみ。

会社の行事が全体的に縮小傾向にあるなか、こんな行事なら参加したい! という回答の一位は「海外旅行」に。職場の人間関係をそのままに旅行する煩わしさには、意外に抵抗感が少ないようです。社内旅行の経験者からも、「上司や同僚の人となりが見えた」や、「修学旅行以来の団体旅行で、顔見知りが多く楽しかった」と高評価な意見が多く寄せられました。自分ではイマイチ踏ん切りがつかない旅行をできるいい機会だと捉えている人が多いようです。

今年も12月を残すのみとなり、納会や忘年会シーズンに突入します。営業先との会食や、会社行事での飲みの席が多くなるこの年末年始。疲労が溜まるシーンも多いかと思います。ここは、せっかくの機会を無駄にしないという気持ちで、来年につながる新しい人間関係を見つけられるように楽しんで乗り切って、新年は自宅や実家でゆっくりできるよう、もうひと頑張りしていきましょう。

【アンケート対象】
調査時期 : 2013年11月18日〜25日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数 : 139名(30代・独身男性)
調査方法 : インターネットログイン式アンケート