愛媛県は11月22日、来年3月21日から10月26日まで開催される「瀬戸内しまのわ2014」の公式サイト()の開設と、オープニング&メインイベントについて発表した。

同イベントは、瀬戸内海の魅力を広く発信していくため、広島県・愛媛県が、瀬戸内海国立公園指定80周年を迎える2014年に開催するもの。開催エリアは広島県と愛媛県の島しょ部および臨海部で、両県の島しょ部を中心とした瀬戸内海の観光ブランドの認知度向上や、国内外からの観光入り込み客、交流人口の拡大を図る。県域・市町域を越えた広域のネットワークを構築し、地域の人々が主体となった豊かな地域づくりを目指すという。

公式サイトでは、島々の魅力や開催エリアの情報をフェイスブックで発信するとともに、「しまのわカフェ」の参加店やイベント募集などの情報を掲載。期間中に実施するイベントの情報、地域に暮らす「人」や「島」の魅力を発信していく。

また、オープニングイベントは、3月21日に廿日市市宮島にて開催。開幕を告げる記念式典&記念コンサートが催される。ウエルカムステージでは、開催エリアの広島・愛媛の13市町によるステージPRを実施。また、記念コンサートは厳島神社を舞台に、古澤巌さん、石井竜也さん、東儀秀樹さんの3名が登場する。

メインイベントには瀬戸内の魅力や地域の特色を生かしたイベントを予定。そのほか、住民グループや企業・団体などが主体的に企画・実施する民間企画イベント、自治体等が企画・実施するイベント、県域や市町域を超えた広域周遊の仕組み・広域観光ネットワークの構築を図るイベントや瀬戸内の魅力を発信するイベントを行う予定とのこと。