「青山の街を大きな店に」インテリア8店舗が合同プロジェクトを開催

写真拡大

 「青山の街を大きな店にしよう」と発足したプロジェクト「AOYAMA LOVE TREE」が、ホリデーシーズンに合わせた合同企画を開催する。参加するのは「CIBONE Aoyama(シボネ 青山)」や「LOUNGE by Francfranc(ラウンジ バイ フランフラン)」など8つのブランド&ショップ。各店を巡るスタンプラリーを通じて、インテリアや暮らしのアイデアを提供していくという。

青山のインテリア8店舗が合同プロジェクトの画像を拡大

 青山でショップを構えるインテリアブランドが協力し街を盛り上げる「AOYAMA LOVE TREE」は、昨年発足され、年代やスタイルを超えた幅広い人々に街を楽しんでもらいたいという目的で「東京のデザインやライフスタイル」を発信。今回のスタンプラリー「Shop Cruising(ショップ クルージング)」には新たに「AIDEC Tokyo(アイデック 東京)」と「BoConcept(ボーコンセプト)」、「SUSgallery(サスギャラリー)」、「Lloyd's Antiques(ロイズ・アンティークス)」を迎え、「CIBONE Aoyama」と「LOUNGE by Francfranc」、「ACTUS(アクタス)」、「CASSINA IXC.(カッシーナ・イクスシー)」も参加する。期間は12月4日から24日まで。

■AOYAMA LOVE TREE
 https://www.facebook.com/aoyamalovetree.pjt