2画面の状態で手書きも出来る

写真拡大

最近なんだかカバンが重い。出先であれもこれも使いたいと放り込んでいるラップトップPC、コンデジ、スマホ、タブレット、ICレコーダーに手帳を加えた重さを計ってみると、なんと3キロを超えていた。

このままでは肩が凝って困る。でも、これらがないと仕事が出来ない。そこで「これ一つで手帳にもなるしパソコンみたいに使える」という社内で使っている人の言葉をきっかけに、記者(20代女性)はここ最近、Lサイズスマホ「GALAXY Note 3」だけをカバンに入れて出かけている。Lサイズスマホは一般的なスマホより一回り大きな画面を持つ。同カテゴリーの国内での代表機種となる「GALAXY Note 3」は、Sペンと呼ばれる付属のペンを使った操作ができることが特徴だ。

手書きとデジタルのいいとこどり

取材先へ電車で移動する間に、ネットで情報収集する。気になったことはペンで選んでメモをつけ、スクラップブックに入れる。スクラップブックはアプリやウェブサイトの画面を、テーマごとに保存しておける機能だ。仕事以外に気になった情報も、プライベート用にまとめておくかたちで保存する。

取材先に着いたら、写真撮影だ。背面カメラは1320万画素と高画質で、大画面で撮った場ですぐにブレていないか確認できる。これなら、コンデジを別に持ち歩く必要はとくに感じない。ICレコーダー代わりに録音もできる。

取材が終わり、また移動。電車内で時間に余裕があったので、記事構成を考えることにした。ノートアプリ「Sノート」を開き、スクラップブックに集めた情報や撮った写真を、マルチウインドウで見ながら移していく。複数のアプリを同じ画面で開いて作業できるマルチウインドウは、5.7インチの大画面を生かした機能だ。

ある程度そろったら、ふだん手帳にやるようにアイデアを手書きし、まとめる。頭を整理するにはやはり手書きが良い。

デジタルだと手帳以上の利点もある。手書きの文字をテキスト変換できることだ。そのまま原稿に利用すればより効率的になる。また、記事ごとにノートを作成すれば、それだけで整理が済む。これ1台で何冊ものノートを持ち歩いているようなものだ。

オフィスのファイルも閲覧・編集できる

そうこうしているうちにメールが2通。1通には、頼んでいた資料が添付されていた。ワード文書やPDFならまだしも、パワーポイントなので扱えるのか不安になりつつ開こうとすると、「Polarisオフィス」というアプリが起動した。名前の通り、オフィススイートのファイル形式(doc、ppt、xls)の閲覧・編集に対応していて、画面も大きいのですんなりと資料を読むことができた。

もう1通はデスクからで、早急に原稿を修正して送り返す必要が。こちらも編集してその場で返送してしまった。これまでだったら、いちいちラップトップを開いて作業しなければならないところだ。これなら、取材が続く日もスムーズに仕事ができそうだ。

この一連の作業以外にも私用の調べ物やメールなどで丸一日使い倒す日々だが、夜まで途中で電池は切れない。確かに、冒頭のガジェット類と手帳の代わりに使えて便利だ。カバンの中身も3キロから172グラム(ギャラクシーノート3の重量)と、大分軽くなり助かっている。