モスフードサービスが「新しい朝食の形」を提案

写真拡大

日本の伝統的な食文化と朝食に注目が集まる中、モスバーガーを展開するモスフードサービスは「新しい朝食の形」を提案している。

現在期間限定で『モスライスバーガー「さば味噌 骨までやわらか仕込み」』、『モスライスバーガー「彩り野菜のきんぴら」』『モスライスバーガー「たまご 黄身醤油ソース」』のいずれかと豚汁・つぼ漬けのセットを、「朝御膳」と銘打ち、販売しているのだ。(一部店舗除く)

和惣菜をはさみ、シニア世代も食べやすい

モスライスバーガーは、ご飯に合うお惣菜をはさんだ"お米のバーガー"として世界で初めて誕生。香ばしい焼きおにぎりをイメージし、日本生まれで日本の味を大切にしてきたモスバーガーならではのオリジナリティあふれる商品だ。

2013年10月29日から販売している『モスライスバーガー「さば味噌 骨までやわらか仕込み」』と、『モスライスバーガー「彩り野菜のきんぴら」』の2種は、日本の和食文化を活かし、日頃から慣れ親しんでいる和惣菜をはさむことで、シニア世代にも親しみやすい商品に仕上げている。

「モスの朝ライスバーガー 朝御膳」シリーズは、3種のモスライスバーガーのいずれかひとつに具だくさんの豚汁とつぼ漬けを合わせたセットで、380円〜490円(ドリンク付きは490円〜600円)で販売中。「朝モス」は各店舗のオープンから10時30分までの時間限定となっている。