首位発進の吉田弓美子、有終の美を飾れるか!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<LPGAツアー選手権リコーカップ 初日◇28日◇宮崎カントリークラブ(6,451ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」の初日。吉田弓美子が4バーディ・1ボギーの“69”で回り、3アンダーで大山志保、イ・ナリ(韓国)、アン・ソンジュ(韓国)と並んで首位タイスタートを切った。

 好発進の要因は“大山タッチ”だ。宮崎CCは、グリーン上の目が通常よりきつくタッチを合わせるの苦労する高麗グリーン。「私はタッチを合わせてコロンと入れるパッティング」という吉田もこのグリーンを苦手としてきた。初めて出場した昨年大会も最後までグリーンに苦しみ23位に終わっている。
 そこでこの日は、「切れる前に入れる“大山さんタッチ”で」と大山ばりのカップを1メートルオーバーする勢いで強気のパッティングを意識。これが見事にハマって難グリーンを攻略して見せた。チャンスを逃す場面もあったが、最終18番では約5メートルほどのパーパットをねじ込むなど、ミズノクラシックから握っている短いパターで安定したパフォーマンスを見せた。
 「今年1年の集大成としてしっかり優勝争いが出来れば」。選手のまとめ役であるミーティング委員長として奮闘しながら、年間3勝を挙げて大ブレイクを果たした今季。最後のメジャータイトルで最高の一年を締めくくりたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、イーグルのち4連続ボギーで14位タイ
LIVEPHOTOで最終戦の初日を振り返る!
石川、松山のダブル一打速報で大会初日をプレーバック!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング