イタリア、ミラノのカトリック系金融機関、アンブロジャーノ銀行で異例の出世を遂げ、50代半ばで頭取に就任したロベルト・カルヴィは極端な二面性を持つことで知られていた。

 ひとつはエリート軍人から冷徹で有能なビジネスマンへと転身した「氷の目を持つ男」。もうひとつは、「この世界は闇の権力によって支配されている」と信じる陰謀論者の顔だった。

●参考:イタリア・フリーメーソンと「陰謀論者ロベルト・カルヴィの運命」

カルヴィがアンブロジャーノ銀行を支配した仕組み

 念願の頭取となったカルヴィの脳裏を支配したのは、「いずれ何者かによってこの銀行を奪われるのではないか」というとてつもない不安だった。いったん「陰謀」の渦中に投げ込まれると、誰ひとり信用できず不吉な出来事を恐れるようになるのだ。

 カルヴィにとって幸運だったのは、アンブロジャーノ銀行に特定の大株主がいなかったことだ。敬虔なカトリック教徒のための金融機関をつくろうとした創業者たちは、株式を公開せず、個人の株式保有比率にも制限を設けていた。誰であれ、株式の15〜20%を保有すれば銀行を実質的に支配できたのだ。

 こうしてカルヴィは、秘密裡に銀行の株を買いはじめた。購入するのは系列の銀行や保険会社などで、そのための資金はアンブロジャーノ銀行から融資された。

 しかしこうした国内取引は財務諸表に記載しなければならず、イタリア中央銀行など財務当局から問題視される恐れがある。カルヴィにはもっと守秘性の高い“自社株買い”のスキームが必要だった。

 アンブロジャーノ銀行の取締役時代に、カルヴィはイタリア金融業界の大立者ミケーレ・シンドーナからルクセンブルクの会社を譲り受け、それをバンコ・アンブロジャーノ・ホールディング(BAH)と改称した。BAHの目的はイタリアの金融規制を避けて積極的な投資を行なうことで、ミラノの証券市場で大きな取引をするほか、スイスやアメリカの金融機関の買収にも乗り出した。

 シチリア出身のシンドーナはマフィアと深い関係があり、後の法王パウロ6世の信任を得てバチカンの財務顧問に就任していた。

 カルヴィはシンドーナを通じてバチカン銀行総裁のマリチンクス司教と知り合い、バハマ諸島のナッソーにバンコ・アンブロジャーノ・オーバーシーズ(BAO)を設立する。このBAOの株式の大半はルクセンブルグのBAHが保有していたが、バチカン銀行も株主として出資し、マルチンクス司教は取締役に就任した。

 その後、アメリカでのスキャンダルでシンドーナの金融帝国が崩壊すると、バチカンとの利権はすべてカルヴィに引き継がれた。こうしてカルヴィは、「神の銀行家」と呼ばれることになる。

 カルヴィがアンブロジャーノ銀行を支配するために考えついた方法は、ナッソーのBAOの下に多くの幽霊法人(ペーパーカンパニー)を設立し、その法人を通して株式を購入することだった。そのための資金は、アンブロジャーノ銀行からルクセンブルクのBAHを通じて貸し付けられた。

 さらにカルヴィは、このスキームにもうひとつの保険をかけておいた。

 オフショアの幽霊法人がアンブロジャーノ銀行の実質的な子(孫)会社なら、こうした取引はあきらかに違法だ。だが法人の所有者が第三者なら、形式的には合法(グレーゾーン)になる。この「第三者」とは、バチカン銀行のことだった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)