12月のボーナスシーズン。懐事情があたたかくなる裏で、カードローン利用率が低くなり、各銀行があの手この手のキャンペーンを打ち出しているのをご存知だろうか。中には金利を下げて対応するところもある。

こうした流れに乗り、ネットバンク「じぶん銀行」は「業界最低水準」(同行)の金利設定で顧客呼び込みに打って出た。2013年11月14日以降に契約したユーザーを対象に、「じぶんローン」の借入利率を改定。下限金利を4.6%から3.9%に引き下げた。(上限は17.5%で据え置き)

この変更により、「主要ネット銀行が取扱う極度額500万円までのカードローンの中では下限金利が最低水準となる」(同行)という。