出入りが激しく大変な初日となった森田理香子(撮影:米山聡明)

写真拡大

<LPGAツアー選手権リコーカップ 初日◇28日◇宮崎カントリークラブ(6,451ヤード・パー72)>
 初の賞金女王戴冠を狙い、横峯さくらと同組でスタートした森田理香子は1イーグル・3バーディ・7ボギーの“74”で2オーバーフィニッシュ。同じく2オーバーの横峯と並んで14位タイで初日を終えた。
森田かさくらか、どっちを応援する?
 横峯がショットで苦しむのを横目に序盤はリラックスムードでチャンスを量産した。2番パー5でバーディが先行。その後5番、8番と2つのボギーを叩いたものの見せ場は9番パー5だ。推定280ヤード超えのティショットを放つと、約213ヤードのセカンドを3番ユーティリティでピン手前1.5メートルにつけるスーパーショット。
 「ユーティリティでグリーンに止められたし、いいところについた」。その割にはグリーン周りのギャラリーの歓声が少なく「ちょっとさみしいなって感じ」と苦笑いを浮かべたが、これを沈めて今季8つ目のイーグルとした。
 その後10番、12番とバーディを積み重ね一時は3アンダーまで浮上。このまま女王へ突っ走るかに思われたが、13番でショットのミスからボギーを叩くと16番までまさかの4連続ボギー。15番ではグリーン奥のラフからユーティリティでのアプローチを見せたが、これがピンを大きくオーバー。「練習したこともなかったけど、15ヤードくらいあったのでユーティリティでコロがしがいいのかなと思った」と自分のフィーリングを信じて打ったがこれが裏目に出た形だ。
 結局、最終18番もボギーとして2オーバーフィニッシュ。「パッティングのフィーリングが良くなくて、タッチも合わなかった。いろいろ警戒しすぎた部分もあって消極的になりすぎた」とグリーン上で苦しんだことが原因だが、予兆は序盤からあった。。1番ではファーストパットが1.5メートルオーバー、5番はカラーから2メートルオーバーでボギー、8番も3パットと前半からパッティングへの不安を抱えたラウンドだった。
 急上昇から急降下の1日に「大変なゴルフでした」と肩を落とした森田。それでも、ホールアウト後は服部真夕と共に宮崎牛に舌鼓を打ってエネルギーも充填した。「このスコアはへこみますけど、いい時ばかりじゃないと思った。でもやったこともないこともできたし明日につながるゴルフができたんじゃないかな」。やや出遅れはしたもののまだ初日。切り替えて2日目のティオフを迎える。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
最終決戦に挑む森田理香子「今週はやるしかない」
LIVEPHOTOで最終戦の初日を振り返る!
石川、松山のダブル一打速報で大会初日をプレーバック!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング