写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR四国は12月1日から、徳島線の全線開通100周年を記念し、徳島・香川エリアの週末の周遊に便利な「徳島・香川週末フリーきっぷ」を発売する。

同きっぷは、フリー区間内の特急列車と普通列車(快速含む)の普通車自由席が2日間乗降り自由に。フリー区間は予讃線高松〜多度津間と高徳線・徳島線・鳴門線の全線、土讃線の多度津〜大歩危間。利用期間は2014年1月1日から3月30日までで、利用開始日は金・土曜、休日、および休前日に限る。有効期間の最終日に乗車する列車が翌日にまたがる場合は、その列車の終着駅まで乗車できる。指定席券や特急券・グリーン券など必要な料金券を購入すれば、普通列車または特急列車のグリーン車または普通車指定席の利用も可能。ただし、寝台特急「サンライズ瀬戸」には乗車できない。

発売額は大人5,840円、小児2,920円。利用開始日の1カ月前から利用開始当日まで購入可能。JR四国の駅のみどりの窓口、ワープ支店、駅ワーププラザ、および四国内のおもな旅行会社にて発売する。発売終了は2014年3月29日。

(佐々木康弘)