写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サントリーフラワーズは27日、クリスマスシーズンに人気のピンクの鉢花「プリンセチア」を、東京都・銀座 中央通り一帯におよそ1,000鉢植え込んだ。

○「プリンセチア」で"銀座のクリスマス"を華やかに演出

「プリンセチア」は、同社が10年の歳月をかけて開発し、2009年より販売しているポインセチアの仲間の植物。ポインセチアは赤が主流のところ、今までになかったピンク色の華やかな色合いで登場し、好評を得ているという。2009年には、「日本フラワーオブザイヤー『最優秀賞』」を受賞。日本以外でも、欧州や北米など、世界各国で楽しまれているとのこと。

商品名は、"プリンセス"のような華やかな印象と"ポインセチア"を組み合わせて、「プリンセチア」と名づけられた。花言葉は、「思いやり」。なお、「プリンセチア」の売上の一部は、J.POSHピンクリボン基金(日本乳がんピンクリボン運動)に寄付される。

植栽の開始日は、11月27日〜。場所は、東京都中央区・銀座1丁目〜8丁目、および4丁目交差点四つ角となる。

(エボル)