「喉元すぎれば」のことわざではないが、全国で広がるホテルの食品偽装問題も年末の忘年会シーズンを前にかき消されそうな気配である。

 メニューの虚偽表記が明るみになった大手ホテルチェーンの営業担当者が声を潜めていう。

「今年はアベノミクス効果で会社主催の大規模な忘年会予約がたくさん入っています。特に12月13日と20日の金曜日は早くから埋まってしまい、宴会場はどこも空いていない状況です。幸い、誤表記の公表後に大口のキャンセルもなく、企業の財布のヒモは緩いまま。正直ホッとしていますよ」

 一連の問題のきっかけをつくった阪急阪神ホテルズでは宴会予約のキャンセルが相次いだとの報道もあったが、次々と発覚する他ホテルへの影響はさほど大きくなかったということか。

 12月中旬に50人規模の忘年会を予定しているという自動車関連メーカーの社員が語る。

「ウチが予約を入れたホテルも誤表示を公表したので、社内でキャンセルしようかという話にもなりました。でも、今さら他のホテルを探すのも面倒だし、問題が明るみになったことで、逆にしっかりした料理が出てくるだろうと……。そうは言っても伊勢エビは出てこないでしょうけどね(笑い)」

 実は、食品偽装問題を受けての年末。問題が発覚した各ホテルでは、信頼回復への足掛かりになればとバンケット(宴会)の受注に力を入れているという。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が語る。

「もちろん禊の意味もあるでしょうが、バンケットはホテル事業の中でも利益率の高い“おいしい部門”なだけに、年末の書き入れ時は客を逃したくないのです。なにせ、いつ来客するか分からないレストランに比べ、規模や必要人員の把握が可能なバンケットは、スタッフも効率的に配することができるので、人件費を抑えることができるのです」

 瀧澤氏によれば、一般的にレストランの原価率は30%程度といわれるが、バンケットは20〜25%程度が指標になるという。

 そもそも、個人の国内レジャー客やインバウンド(訪日外国人旅行)の増加もあり、客室稼働率が絶好調のホテル業界。何とかこの勢いを削がずに年末を凌ぎたいのがホテル側の本音だろう。

「2012年1月〜6月の東京の主要ホテル平均客室稼働率は77.9%。それが今年同期では83.1%まで上昇しています。バンケットは客室稼働率の上昇に遅れて結果が出るといわれていますし、忘年会と新年会を兼ねて、泊まりがけの宴会需要に応えられるのもホテルならではの魅力。この年末年始は信頼回復の契機とすべく、どこも必死でしょうね」(瀧澤氏)

 もはや名門ホテルの看板が通用しない現在。利用者目線に立ったサービスができているかどうか、厳しく問われる年の瀬には違いない。