本場ドイツのクリスマス気分♪六本木ヒルズ「クリスマスマーケット2013」

写真拡大

クリスマスシーズンの風物詩として、今では外せないイルミネーションスポットとなっている六本木けやき坂。11月5日(火)のイルミネーション点灯式を皮切りに始まった今年は、10周年を迎えて「Roppongi Hills 10th Anniversary Christmas(六本木ヒルズ テンス アニバーサリー クリスマス)」を開幕。

けやき坂のイルミネーションのほかにも、ヒルズの玄関口である66プラザでは、暖かな光に包まれた高さ約10mのシンボルツリーが登場。さらに、ショッピングエリアであるウェストウォークには、華やかなミラーボールによる装飾が全長約100mの回廊を彩るという六本木ヒルズ初の試みも。

なかでも、11月30日(土)から12月25日(水)の期間、大屋根プラザで開催される「クリスマスマーケット2013」は、今年で7回目となる人気イベント。本場ドイツの雰囲気を楽しむことができる本格的なマーケットで、会場には、クリスマスオーナメントやクリスマスリース、スノードーム、アドベントカレンダーなど、クリスマスを待つのが楽しくなるアイテムが勢揃い! そのほかに、手作りソーセージ、焼きたてワッフル、ドイツビールやグリューワインなどのフードメニューも充実しており、初出店を含む計11店舗の屋台が軒を連ねるとか。会場は、クリスマスの楽しい雰囲気とともに、おいしい匂いに包まれそう。

また、12月21日(土)から24日(火)まで、六本木ヒルズアリーナで開催される無料のクリスマスコンサートでは、「愛する人への想い」がテーマに。「いま最も輝いている個性的な女性シンガーをフィーチャーし、クリスマスにちなんだ楽曲はもちろん、毎年恒例となっている『とびきりのラブ・ソング』を披露していただきます」と、広報担当の田部さん。

美しいイルミネーションに誘われ、マーケットの楽しい雰囲気とおいしい香りに包まれ、とびきりのラブ・ソングに身を委ねる六本木のクリスマス・・・。ここなら、充実の聖夜が送れそう!