写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カプコンの人気ハンティングゲーム『モンスターハンター』と長野県「信州渋温泉」によるコラボレーション企画「モンハン渋の里」の12月21日からスタートするウインターシーズン向けて、コラボフード&ドリンクメニューが新たに公開された。

今夏に街中がモンハン一色となり大盛況だった「長野信州渋温泉」だが、今回は1年間のロングラン開催となり、一年間を4つのシーズンに分けてそれぞれのシーズンに合わせた「期間限定スペシャル企画」を夏・冬・春休みの時期に開催。次に控えているのは、12月21日〜2014年2月23日のウインターシーズンとなる。

現地のコラボ店舗とのメニューは4種類。チャーシューと白ネギにらー油と豆板醤を絡めた「ラーメン徳味」コラボ「激辛(こう)ラージャン」、角煮・肉団子・野菜・豆腐などをチゲ風にぶっこんだ復刻メニューの「やり屋」コラボ「轟竜ぶっこみそば・うどん」。まぐろ・サーモン・えび・錦糸卵などを使って炎王龍をあしらった「幸鮨」コラボ「テオ・テスカトルちらし」(1,200円/1,000z)。ハンターなら一度は食べておきたい「からんころん」コラボの「ケルビすき焼き丼」(1,200円/1,000z)が展開される。

そして、現地の屋台村では、信州産のリンゴとお肉を混ぜた「こんがりんご肉丼」、ハチミツとキノコ入りでパワーと会心率がアップする「黒色ルウ ゴア・マカレー」、肉や穀物の入った「ロイヤルチーズで狩るのナーラ」、信州特産のキノコがたっぷりの「特産キノコ汁」をはじめ、「狩りあげパン」、「アイルーお茶漬け」、「こんがり肉」、「こんがり肉ドッグ」、「狩り狩りポテト」、「アイルーどらっふるー」といった10種類のメニューが登場する。

そして屋台村のドリンクは、「ホットドリンク」、「灼熱しるこ」、「アイルーホットミルク」、「メラルーココア」、「ぽかぽかレモン」、「ギルドコーヒー(ホット)」、「ケチャ和茶(ホット)」など、心も体も温まるホットメニューがそろえられている。

なお、以上のコラボメニューは、ハンターパスを持っていればゼニー価格での購入が 可能となっている(1z=1円)。詳細情報は、「モンハン渋の里」の公式サイトでも公開されている。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(はらだともや)