写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イケアの日本法人イケア・ジャパンは12月7日に、IKEA船橋の2階レストランをリニューアルオープンする。

イケアレストランは、1958年にスウェーデンでイケアストア第1号が開業した2年後の1960年にオープン。買い物の合間に一息つける憩いの場や、スウェーデンの家庭の味を楽しめるレストランとして営業している。

2006年に開店したIKEA船橋では、8年目を迎える今年、レストランのリニューアルを決定。休日の混雑緩和のため席数を550から750に増設するほか、授乳室・キッズシネマコーナーを設置したファミリーエリア、FIKA/フィーカ(スウェーデン語でコーヒーブレイクの意)エリアと呼ばれるカフェスペースを新設する。

なお、リニューアル記念として、12月7日〜25日まで通常価格99円のモーニングプレートが無料になるほか、12月26日〜31日まで、牛フィレのローストを除く温かい料理が半額になるとのこと。また、クリスマスビュッフェを一番乗りで楽しめるリニューアルオープンパーティーも開催。毎年人気のスウェーデンのクリスマスビュッフェ"ユールボード"を、例年より早い12月8日から開始する。