画像は「プレミアアイスラテ」

写真拡大

「無添くら寿司」を展開するくらコーポレーションは2013年12月2日、プレミアムコーヒー「KULACAFE」として「プレミアホット珈琲」などの提供サービスを始める。

「オーダー専用レーン」でお届け

くら寿司ではこれまで、客の要望に応じてラーメンなどの商品を開発してメニューの多様化を図ってきたが、なかでも要望が多かったのがコーヒーという。「挽きたてそのまま」の提供が課題とされたが、各店での「オーダー専用レーン」の導入が進み、メニュー化が可能になった。

注文を受けてから1杯ずつ豆から挽いて抽出し、「オーダー専用レーン」に乗せて各席に挽きたてコーヒーを届ける。「珈琲」と「ラテ」が用意されており、それぞれ「ホット」、「アイス」を選べる。

「ホット」はコスタリカ産をベースにしたブレンド。最高級アラビカ豆を100パーセント使用しており、「しっかりとした甘みとコク」が特徴だという。

「アイス」はインドネシア産をベースにブレンドし、焙煎後急速冷却することによって香りを閉じ込め「重厚感のある味わいと、さっぱりとした後口」に仕上げた。

「プレミアホット珈琲」、「プレミアアイス珈琲」、「プレミアホットラテ」、「プレミアアイスラテ」の4種類が発売。

価格はいずれも157円。