男子200mバタフライの松田丈志が目標に掲げ続けてきた、「打倒マイケル・フェルプス」。松田は2012年のロンドン五輪でその目標達成を0秒20の僅差で逃した。そして、松田に代わってその夢をあっさり実現してしまった当時弱冠20歳の選手がいた。それが、チャド・ル・クロス(南アフリカ)だった。

 2011年の世界選手権では5位。その時2位だった松田とはいいライバルであり、プライベートでは友だちでもあるというル・クロス。その時の1分55秒07という記録を、1年で1分52秒96まで伸ばしてのロンドンでの栄冠だった。

「成長の原動力になったのはフェルプス選手の存在でした。具体的には、フィジカルトレーニングはもちろんですが、自分の泳ぎの分析をしましたね。細かいことの積み重ねですが、水中でのドルフィンキックの改良が一番の上達のポイントだと思います。でも、今から比べれば、あの頃は100mでも2位になっているとはいえ、それほど完成形に近づいているわけではなかった。だから本当に、勝ててよかったと思っています」

 9歳で競技を始めた彼が大きな衝撃を受けたのは、12歳の時の04年アテネ五輪だった。

「南アフリカの400mフリーリレー優勝の快挙は、国民のひとりとしてすごく嬉しかったです。それに、当時の僕は平泳ぎの選手だったので、100m、200m平泳ぎで2冠と活躍していた北島康介選手にすごく影響を受けました。でも、もっとも感動したのは、6冠を獲得したフェルプス選手。彼はひとりですべてをやってしまう、僕の尊敬する選手です。彼のようになりたいという思いが、僕の努力の原動力になっています」

 南アフリカを拠点に練習をしていたル・クロスは、その後、脚のケガで平泳ぎができなくなったのを機に、08年からフェルプスと同じバタフライと個人メドレーに転向。09年世界選手権は200mバタフライと400m個人メドレーに出場した。11年世界選手権はバタフライ2種目に出場して200mで5位。そして、昨年のロンドン五輪では200mバタフライで金メダルを獲得した(100mバタフライでは銀メダル)。また、今年、五輪王者として出場した世界選手権では、バタフライ100mと200mで2冠を達成した。

「世界選手権でも優勝したバタフライは当然重要ですが、今僕がフォーカスしているのは400m個人メドレーです。その種目が一番タフだと思うし、そこで勝つことがスイマーにとっての一番の勲章だと思っているので、チャレンジしていきたいですね。そのためにはすべての泳法で一流になる必要がある。僕はバタフライを専門にしていますが、今後はフリースタイル(自由形)にも力を入れていきたいです。これが速くならないと話にならないですから」

 だが、バタフライや個人メドレーだけではなく、尊敬するフェルプスのように複数種目で金メダルを獲ることも大きな目標だ。フェルプスが五輪や世界選手権でそうだったように、ル・クロスもまた、「リレーを含めたすべてのレースに出たい」という野望を持つ。

「単種目をやるだけでもしんどいけど、複数種目となると本当にしんどいです。普段のトレーニングも大変になりますが、試合の時、これまでより1日で泳ぐ回数が2倍、3倍になるケースもある。ただ、それはスイマーとしてはみんながやりたいと思っていることですし、憧れるポジションだと思います」

 ル・クロスは、11月9日と10日のワールドカップ東京大会で、50m、100m、200mのバタフライ3種目と200m個人メドレー、400m個人メドレーに出場。200m個人メドレーで萩野公介に敗れて2位になった以外は、すべて優勝した。さらに13日からの北京大会では個人メドレーの100mと200m、バタフライ100m、200mに出場。このうちバタフライ100mと200m、個人メドレー200mで優勝し、個人メドレー100mで3位という結果を残している。

 長時間の移動や、朝から夜まで出場する試合日程。試合後のドーピング検査やメディア対応などで、まともに休める時間もないほどのハードスケジュールだが、それもすべて、「今後の世界大会で複数種目に出場するための準備としてやっている」とル・クロスは言う。

「個人メドレーはこれまでトップに君臨してきたフェルプス選手が引退し、ライアン・ロクテ選手(アメリカ)やラザロ・シェー選手(ハンガリー)も30歳前後になり、世代交代の時期になっていると思います。今、私も含めて瀬戸大也選手や、萩野公介選手がこの種目のトップスイマーです。だから彼らと肩を並べて競い合っていくのが、すごく楽しみですね。

 その先の目標となるのは世界記録ということになると思いますが、僕は個人的にはあまり高いゴールは設定しないようにしているので、まだまだそこに至るまでのスモールステップを踏まなくてはいけないと思っています。それを一個ずつ丁寧に乗り越えるために、しっかりと練習を積み重ねていくことを重要にしたいですね」

 世界大会をひとつずつ勝ち上がっていくことで、記録も見えてくると、ル・クロスは穏やかな表情で話す。

 彼にインタビューをしたのはワールドカップ東京大会終了の翌日。彼はこの日いくつかのインタビュー取材をこなすと、夕方には次の試合の地・北京へ向けて旅立った。

「今回の滞在では競技と取材で観光する時間があまりなかったので、2020年の東京五輪に必ず出場して、そのときに、オリンピックはもちろん、東京という街を楽しみたいと思います(笑)」

 そう言って笑顔を見せた若き金メダリストは、2016年のリオデジャネイロ五輪はもちろん、東京五輪出場もすでに意識している。日本期待のマルチスイマー・萩野公介や瀬戸大也らとの熾烈な戦いが今から楽しみだ。

【Profile】
チャド・ル・クロス
Chad Le Clos
1992年4月12日 南アフリカ生まれ。
2012年ロンドン五輪200mバタフライ金メダリスト。100mバタフライは銀メダルを獲得した。今年、2013年の世界選手権では、バタフライ100mと200mで2冠。
今シーズンは個人メドレーでのメダル獲得も視野に入れたトレーニングを積んでおり、同世代の日本人選手、萩野公介、瀬戸大也らの最大のライバル。
また、ル・クロスは自身の憧れの選手、マイケル・フェルプスと同じく、オリンピック公式計時ブランドであるオメガのアンバサダーを務めている。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi