政権崩壊から10年、イラクの今

ざっくり言うと

  • 2003年3月、大量破壊兵器を保有しているとして米国がイラクを攻撃した
  • 10年たち、イラクでは宗派間の対立が激化、未だにテロが相次いでいる
  • イラクやシリアなど周辺国からの影響で対立は激化、警戒感を強める要因に

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング