『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』

写真拡大

ダリオ・アルジェント監督の新作映画『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』が、2014年3月8日から東京・渋谷シネパレスほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

1977年公開の『サスペリア』などのホラー作品で知られるアルジェント監督。『第65回カンヌ国際映画祭』の特別招待作品として上映された同作では、ブラム・ストーカーによる吸血鬼小説の古典的名作『ドラキュラ』に挑戦。過激な描写がふんだんに盛り込まれた作品になっており、日本ではR-18指定での上映となる。

キャストには『戦場のピアニスト』のトーマス・クレッチマンをはじめ、アルジェント監督の娘で自身も映画監督として活動するアーシア・アルジェント、『ブレードランナー』のルトガー・ハウアーらが名を連ねている。音楽は『サスペリア』や『フェノミナ』などのアルジェント作品をはじめ、ジョージ・A・ロメロ監督『ゾンビ』の音楽を手掛けたゴブリンのクラウディオ・シモネッテが担当している。