EF40mm F2.8 STM(ホワイト)装着時のEOS Kiss X7(ホワイト)

写真拡大

キヤノンは2013年11月28日、APS-Cサイズセンサー搭載のエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」のカラーバリエーションとして「ホワイト」を新たに追加し、発売する。価格はオープン。

光沢を抑えたホワイト塗装

同社のデジタル一眼レフカメラとして初となるホワイトボディーの「EOS Kiss X7」が登場。幅116.8×高さ90.7×奥行き69.4ミリ、重量約370グラム(本体のみ)という小型・軽量ボディーに、光沢を抑えたホワイト塗装を施すことで、高級感を保ちながら、軽快感がより引き立つデザインに仕上げた。

標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と、本体と同じカラーに仕上げた単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM(ホワイト)」のダブルレンズキットという商品構成で販売される。