藤原&山田が“モンスター”に、「MONSTERZ」第1弾ビジュアル解禁。

写真拡大

中田秀夫監督、藤原竜也、山田孝之という日本映画界のトップクリエイターが集結した、サスペンス大作の正式タイトルが「MONSTERZ モンスターズ」に決まり、第1弾ビジュアルが解禁された。

「生まれた時から、眼差しひとつで人間を自由に操れる“男”」を演じるのは、「デスノート」「カイジ」「藁の楯 わらのたて」とヒット作が続く藤原。「唯一、操れない男=終一」を演じるのは、幅広い役で圧倒的な数の映画に出演し、最近作「凶悪」でも高い評価を受けた山田。日本映画界を盛り上げる2人だが、意外にも共演は本作が初めてだ。

今回解禁されたビジュアルは、藤原と山田の2人を大きく捉えたもの。こちらを見つめる凛とした表情と力強い眼差しから、2人それぞれの強い信念を感じさせる。また、いずれも黒い衣装に身を包み、背景も黒一色。2人以外の一切の情報を省いたシンプルさから、彼らに立ちはだかる宿命の大きさ、その闘いのスケール感を想像できる斬新なデザインとなっている。

また、正式タイトル「MONSTERZ モンスターズ」の決定にあたり、本作の佐藤貴博プロデューサーは、「仮タイトルの『MONSTER(仮)』からのバージョンアップとしては、読み仮名にあるとおり『モンスターズ』と複数形になったこと。人間を操ることができるという忌まわしき能力を持った藤原竜也演じる“男”が<MONSTER=怪物>であることは間違いないのですが、その怪物に対峙する山田孝之演じる田中終一も含めて、2人ともが怪物であるということを複数形のタイトルが意味しています。なぜ普通の人間である田中終一も<モンスター>なのか? これは映画本編を観てのお楽しみ!」と“MONSTER”に込めた意味を説明。

そして複数形のSではなく、“Z”としている点については「この2人の闘いと存在が、Z=究極であることも意味しています。また、“Z”の文字は並行する2本の直線と、それに交差する斜線で形成されています。つまり交わるべきではなかった2人の男が出会ってしまう宿命を“Z”が表しています。どちらが勝利するかわからない究極の2人の男の激突、そして何故2人ともが怪物であるのか? という謎が込められたタイトル『MONSTERZ モンスターズ』。映画本編を観た後に、このタイトルの意味がより深く響くはずです。お楽しみに!!!」と決定に至った意図を明かした。

本作の原案は2010年韓国で大ヒットしたオリジナル映画「超能力者」。世界12か国の映画祭に出品された話題作を、強力な日本の布陣で映画化する作品だ。ヒロインには石原さとみを起用。さらに木村多江、松重豊ら演技派がスクリーンを引き締める。

映画「MONSTERZ モンスターズ」は2014年全国ロードショー。

☆「MONSTERZ モンスターズ」ストーリー

ひと目見るだけで、すべての人間を思いどおりに操れる男がいる。その能力をもってすれば、世界を手に入れることも可能なのに、男はたった一人で静かに生きてきた。必要な時だけ力を発揮し、相手は操られたことはおろか、男の存在にさえ気づかない。男はそんな絶望の闇に包まれた孤独な人生が、死ぬまで続くと思っていた。ある男に会うまでは――。

彼の名は田中終一。いつものように男が周りの人間を静止させた時、彼だけが自由に動いていた。見た目は全く普通なのに、いったい何者なのかと愕然とする男。やがて男は「思い通りにならない奴はいらない」と怒りを燃やし、終一を消し去ることを決意する。

一方、終一は男に大切な人を殺され復讐を誓ううちに、男を止められるのは自分だけだと気づき始める。実は終一も、他人とは違う特別な能力を秘めていた。二人の出会いは宿命なのか――今、周囲の人々を容赦なく巻き込む、壮絶な激闘が始まる!