写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エールフランスは11月21日、今秋から0歳〜12歳までを対象とした子供向けサービスを一新したことを発表した。

○カトラリーを組み合わせれば飛行機に!?

同航空は、毎年、270万人の2歳から12歳までの子供が利用するという。そのうち、36万5,000人は付き添いなしの一人旅。また、年間49万人の赤ちゃんも空の旅を体験している。

このほど導入された新しい子供用のテーブルウェアは、環境にやさしくモダンでカラフルなデザイン。フォーク・ナイフ・スプーンは、組み合わせると飛行機の形になる。トレイの上の小さなボックスには、ジャム・チョコレートバー、オレンジジュース、バターが入っている。

子供用の食事の中には最大3種類のオーガニック素材(ヨーロッパ、フランス認可)を使用する。食事サービスは、小さな子供から行うため、子供も同行する大人も、ゆっくり食事を楽しめるという。

機内で配られる子供用おもちゃも、内容を一新した。ポーチには塗り絵、ブレスレット、パイロットのバッジなどのグッズ入り。5〜8歳、9〜12歳と年齢別の内容となっており、9〜12歳用ポーチには絵はがき、パスポートケースなども入っている。小さな乳児用にはスタイ(よだれ掛け)や、やわらかいぬいぐるみなども用意した。

(フォルサ)