写真提供:マイナビニュース

写真拡大

小田急電鉄は大みそかから元日早朝にかけて、小田原線、江ノ島線、多摩線の全線で終夜運転を実施する。新宿〜片瀬江ノ島間は30〜90分間隔、新百合ヶ丘〜唐木田間は20〜60分間隔、相模大野〜小田原間は60〜80分間隔で各駅停車を運転する。

その他、深夜から早朝時間帯にかけて、新宿〜伊勢原間直通の列車を上下各2本、新宿〜唐木田間直通の列車を上下各1本運転。全席指定制の臨時特急ロマンスカー「ニューイヤーエクスプレス号」「メトロニューイヤー号」も運転され、「ニューイヤーエクスプレス号」は大みそかの深夜に上り1本(本厚木発新宿行)と、元日未明から早朝にかけて下り10本(新宿発片瀬江ノ島行8本、新宿発小田原行2本)、上り1本(片瀬江ノ島発新宿行)を設定している。

「メトロニューイヤー号」は小田急ロマンスカーMSE(60000形)を使用。東京メトロ千代田線の北千住駅を4時15分に発車し、片瀬江ノ島駅には6時0分に到着する。

小田急電鉄の運転する臨時特急の特急券は、12月1日10時から小田急線各駅や小田急トラベル各営業所などで販売開始。「メトロニューイヤー号」は東京メトロのロマンスカー停車駅(千代田線北千住駅、大手町駅、霞ヶ関駅、表参道駅)でも発売するとのこと。

(佐々木康弘)