写真提供:マイナビニュース

写真拡大

角川書店は、ブックウォーカーの総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」にて、11月26日より人気アニメ『機動戦士ガンダム』関連のノベルス、およびコミックの電子書籍配信を記念したキャンペーンをスタートしている。

今回、配信ラインナップには『機動戦士ガンダム』シリーズの総監督・富野由悠季自らの手によるスニーカー文庫『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』、遠藤明範の『機動戦士Zガンダムフォウ・ストーリー―そして、戦士に…』、そしてコミックから長谷川裕一の『機動戦士クロスボーン・ガンダム』のその後を描いた『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人』『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』の計5作品が追加。

12月9日までは、このうちスニーカー文庫『機動戦士ガンダム』(1巻〜3巻)と、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズは第1巻が半額で配信。さらに『機動戦士ガンダム』の各巻購入で、美樹本晴彦のイラストを使用したきせかえ本棚がそれぞれプレゼントされる。

さらに12月10日からは、『機動戦士Zガンダム Define』(1巻〜6巻)、『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』、『機動戦士ZガンダムII 恋人たち』、『機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛』、26日からは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『密会』、『機動戦士ガンダムZZ』(1巻〜2巻)、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(上・中・下)、『トニーたけざきのガンダム漫画』(1巻〜2巻)、『犬ガンダム』(地上編・宇宙編)、『機動戦士ガンダム ハイブリッド4コマ大戦線1巻〜5巻』などノベルス、コミックと計11作品がラインナップに追加される。

角川書店では、スニーカー文庫やガンダムエースといったレーベルで、オリジナルの『ガンダム』ノベルスやコミックを発売しており、ノベルスは毎月1回、コミックは毎月2回にわたって配信していくという。

(C)創通・サンライズ