写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空(以下、JAL)は、日本ケンタッキー・フライド・チキンが展開するケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)とのコラボレーション企画の第2弾として、JAL国際線日本発欧米路線(一部を除く)にて、12月1日より「AIR ケンタッキーフライドチキン」を提供する。

○クリスマスにぴったりのスイーツも

機内食「AIR ケンタッキーフライドチキン」は、地上と変わらないフライドチキンの味わい・食感を出すため、包装や提供方法などあらゆる点に研究・工夫を重ね、昨年12月に誕生。今年も12月から2月までの3カ月間、クリスマスの代表的なメニューでもあるチキンを中心に提供する。

「AIRシリーズ」第11弾となる今回は、更に工夫と改良を重ねたJAL限定のオリジナル「ひとくちチキン」を提供。KFC秘伝の「11ハーブ&スパイス」で味つけした、骨なしで食べやすいひとくちサイズのチキンとなっている。 新しい食べ方として、サイドディッシュのフレッシュサラダにのせた“チキンサラダ”を提案している。

KFC定番のサイドメニューである「ビスケット」はハニーメイプルとともに、また、新鮮なキャベツをたっぷり使った「コールスロー」も、店舗と変わらぬ味で空の上でも味わえる。更に、KFCクリスマスメニュー「パーティバーレル」の今年のデザート「ショコラナッツケーキ」も、食べやすい大きさで提供。チョコ&ホイップクリームとスポンジにクルミを挟んだぜいたくなスイーツに仕上げた。

特製ボックスには、飛行機を両手に持ったKFCの創業者であるカーネル・サンダースが描かれているなど、機内でしか見ることができないJALとKFCのオリジナルデザインになっている。

提供路線は成田発ロサンゼルス/サンディエゴ/シカゴ/ボストン/ニューヨーク/ロンドン/フランクフルト/パリ/ヘルシンキ行きで、プレミアムエコノミーとエコノミークラスにて目的地到着前に提供する。提供期間は12月1日から2014年2月28日まで。